1ヶ月目はフレーズの基礎トレを行います。コンテストで審査員を経験したのをきっかけに気が付いた「上手い人と下手な人の6つの違い」を解説。この基礎トレでフレーズのクオリティは確実に上がります。

■弾く弦で親指を切り替える
■スライドを攻略する
■ビブラートの縦揺れ・横揺れ
■チョーキングで3音キメる
■ピッキングを安定させる
and more!





 

2ヶ月目はコード演奏の基礎トレを行います。ギターの役割の8割はコードバッキング。コードの基礎力が上がるとギタリストのポテンシャルはかなり上がります。

■バレーコードの押さえ方
■ロックグリップで押さえる
■コードチェンジの秘訣
■コードを鳴らすピックの持ち方
■コードを鳴らすストローク
and more!




 

3ヶ月目は初級レッスン曲にチャレンジします。実際の曲を弾くことでリズム、グルーヴ、ダイナミクスが磨かれ本当の意味で初心者を卒業できます。ドラマチックな曲も最高です。

■スライド時の指板の見方
■派手さを出すチョーキング
■変幻自在のビブラート
■キレのあるリズム攻略法
■リズムが良くなるブラッシング
and more!





 



  

 
 


ギター歴は20年以上なのですが、自分の演奏は何か物足りないと思いつつそれが何か長い間分かりませんでした。基礎トレのレシピはそんな弱点を気づかせてくれます。私の場合、音が繋がってないことやビブラートが途中で終わってしまっていることでした。この基礎トレのおかげで第3回ギターレシピコンテストではナイス賞を頂くことができました。


自分の中では特に「弦を丁寧に移動する」「ビブラート」のレッスンが役に立ちました。上手い人は音を繋げて弾くので、その練習法もしっかり載っています。ビブラートの正確なかけ方も丁寧に解説していますし、なにより山脇さんの解説がわかりやすく面白い。毎日のウォーミングアップとして活用しています。効果も早くオススメな教材です。


ある程度曲もコピーできるしそれなりにギターやってきたけど、改めてこの基礎トレやると「あー今までかなりごまかしてきたなぁー」と自分の弱点がわかるとともに、その克服にはやっぱり基礎固めが必要だなと思い知った教材でした。


「ストロークにキレがない」「リズムが弱い」を自覚していました。解決の糸口が見えない中この教材を目にしました。 『ピックがくるくる回る』…あるある!と思って購入。まさに目からウロコ。一皮むけた気がします。


初心者です。上手な人の演奏と「何か違う」けど何かわからなかったことが少しわかったように思います。こんな事教えてくれる人いませんでした。


1ヶ月目の「フレーズ編」とセットで取り組むと良いです。 ある程度は弾けるけど何かイマイチ…という方にはとても参考になります。