本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

技あり!ロックンロールバッキング

■視聴するには見放題コースの加入が必要です
⇒見放題コースの詳細はこちら

メルマガでもロックンロールについて書いているので連動してみました。
ロックンロールといえば8ビートなリフ!まずは基本中の基本であるこのリフをパワーコードで解説します。 ロックンロールはブルースとカントリーが融合しているので、リフはほぼブルースと同じ。違うのはビートです。 このビートが身に付いてからが今回の本番。

低音でリフを弾きながら裏のリズムでコードを入れていきます。 文章にすると膝がブルブルするくらい恐ろしいですが、実際はそんなことはありません。コードの運指はすごくシンプルですしね。

そんなに難しくないのでピッキングがポイントです。 ダウンピッキングとアップピッキングを使い分けることで、ロックンロールのバッキングがむっちゃくちゃカッコ良くなります。 ゴキゲンなリトル・リチャード「Jenny Jenny(⇒動画はこちら)」を聞いてエンジンをかけてからレッツチャレンジ!

関連動画