アル・マッケイのグルーヴカッティングを弾いてみよう!

今週のテーマは「アル・マッケイのグルーヴカッティング」です。
コード的にはシンプルな7thコードしか使いません。しかもワンポジション。という事はつまり、、、そう!ストロークのレベルアップ大作戦なのです! グルーヴやノリを出すには運指側の仕事って3割くらいで、残りの7割ってストロークの仕事なんですね。どの音をどのくらいの強さでどのタイミングで鳴らすか。ゴーストノートやアクセントはどこに入れるか。音楽的な要素はほとんどストロークの仕事です。

■山脇オサムの教則DVD「なんか弾いてよ!や楽器店での試奏で使える ハッタリカッティングフレーズ」
⇒Amazonはこちら
⇒楽天はこちら

関連動画

レビュー

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる