この動画を視聴するには

アル・マッケイのグルーヴカッティングを弾いてみよう!

⇒後半を含めた全レッスンはこちら

今週のテーマは「アル・マッケイのグルーヴカッティング」です。

コード的にはシンプルな7thコードしか使いません。しかもワンポジション。という事はつまり、、、そう!ストロークのレベルアップ大作戦なのです! グルーヴやノリを出すには運指側の仕事って3割くらいで、残りの7割ってストロークの仕事なんですね。どの音をどのくらいの強さでどのタイミングで鳴らすか。ゴーストノートやアクセントはどこに入れるか。音楽的な要素はほとんどストロークの仕事です。

まず前半は、コードの弾き分けやブラッシング、ピックの持ち方など基礎を解説しつつ、、、後半は、ストロークに磨きをかけてグルーヴを出す方法を話します。 いつもの感覚とは真逆の意識で弾かなきゃいけない、というなかなかのチャレンジです!

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる