ペンタ小技のレシピ(5/1発売)(全11本)


■カリキュラム(50分収録)
■4度の横っ面飛ばし
■超絶メロディックすべり
■指でブルーノートペダル
■パット・マルティーノ風|爆裂連続フレーズ
■ポール・ジャクソンJr風|速弾きフレーズ
■エリック・ゲイルズ風|エコノミー5音括り
■ポール・ギルバート風|奇天烈ずらし
■ジョン・メイヤー風|カッティングスウィープ
■ジョン・メイヤー風|親指ルート仕込み
■アイザイア・シャーキー風|ダブルストップすべり
■ブルーノ・スペイト風|スライド爆上げフレーズ
★おすすめYoutubeトラック(無料)

 

小技のご紹介



5音しか使えないシンプルなペンタを派手に聞かせる小技。ちょっとした速いフレーズやブルーノートの相性がバツグンです。縦に弾くと難しいので横にするのがポイント。




ペンタをメロディックに歌わせる小技。すべらせるスピードを上げてベンドフックを使うとデレク・トラックスのようなスライドギター的に弾くことができます。




ルートとブルーノートを使ったタイトな小技。ピックと指でパンチのあるサウンドを作ります。ルートを下にするパターンと上にするパターンの両刀使いがおすすめ。




音のセレクトが最高にカッコ良いフレーズを延々と繰り返す小技。ジョンスコとのセッションで有名な「Sunny」で見せた強烈なペンタフレーズです。セッションをヒートアップさせる切り札として最高!




人差し指と中指だけで弾けるペンタ速弾きの小技。運指がシンプルでピッキングも少ないためスピードアップが簡単。6音括りなのでどんなテンポにもハマりやすく手グセは必須です。




弾けたらすごい!上級者向けのペンタ小技。ポリリズム的でトリッキーなフレーズをエコノミーピッキングで攻略します。マスターできればエリック・ゲイルズに一歩近づけるかも!?




ペンタを一瞬で奇天烈にする小技。20年以上前のビデオ(もちろんVHS!)でポール・ギルバートがサラッと使ったアイデアを今でも使っている山脇オサムです。「今のどうやって弾いたの?」と言われるやつです。




ジョン・メイヤーがライブ動画で繰り返し使っていた小技。派手に聞こえるんですけど実はペンタ一発です。どんなテンポでも使えるニュアンス先行型フレーズ。




セッションのイントロをカッコ良くキメる小技。コード全体を鳴らすのではなく、ルートとフレーズを分けて弾くペンタカッティングです。いつも押弦している人差し指をミュートに使い、いつも裏方の親指で押弦する下剋上スタイル。




低音弦を使ったセクシーでソウルフルな小技。メルマガでも紹介したアイザイア・シャーキーのセッション動画で異彩を放ったフレーズです。息を止めてザザッ!とすべらせるのが最高に渋い!




ペンタ上昇フレーズを超絶メロディックにする小技。僕が愛してやまないブルーノート・スペイトが1994年に演奏した「Let’s get it on」のイントロでぶちかましたフレーズです。世界中のギタリストの手グセにしてほしいくらいのセクシーなフレーズ!
 
購入する(2,980円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • tab.pdf(943.74 KB)