アドリブのレシピ|1645コードをメロディアスに弾く(★アドリブマスターコース)(全12本)

■カリキュラム(2時間11分)
【1/9】1645コード進行とは? ★無料
【2/9】コード進行に合わせたフレーズ
【3/9】ペンタを横にしてメロディアスに弾く
【4/9】チョーキングでフレーズを歌わせる
【5/9】半音スライドでソウルフルに弾く
【6/9】ペンタに1音追加して弾く
【7/9】さらに1音追加してお洒落に弾く
【8/9】ミドルポジションでのフレージング
【9/9】オクターブ上でのフレージング

【練習トラック】BPM90
【習用トラック】BPM75
【習用トラック】BPM60
 

1645コードとは?



1645コードとは「スタンド・バイ・ミー」に代表されるコード進行で「黄金の循環コード」とも呼ばれています。1645という数字はダイアトニックコードの並びを表しているだけです。

今回はKey=Aですので「A|F#m|D|E」。一度ギターを持って弾いてみて下さい。絶対に聞いたことのあるコード進行だと思います。今回はこのコードでで使える効果的なアドリブ方法を解説していきます。
 
セッションが身近に



1645コード進行は世界中のあらゆるミュージシャンが知っているため、誰とでもセッションをすることが可能になります。もちろん1645コードを使った他の曲にも応用することもできます。
 
​​​​曲を引き立てる



「スケールを弾いても曲に合わない」というギタリストはとても多いですよね。曲を無視して弾きまくるソロは聞いていても残念です。やはり「曲ありき」というのが重要。曲の雰囲気に合わせたアドリブをマスターします。
 
メロディアスに弾ける



スケールは縦に覚えがちですが、メロディアスに弾くには横移動がとても効果的。その理由は自然と“スライド”が増えるからです。スライドが増えるとメロディがスムーズに繋がってとてもメロディアスになります。
 
コードに合わせて弾く
(ペンタトニックスケール)



1645のコード進行に合わせたアドリブ方法を解説します。コードトーンを意識したフレーズはアドリブのクオリティを決定付けるほど重要です。
コード展開に合わせることで、曲を引き立てる説得力のある長音符が使えて、アドリブに自信がつきます。
 
音をつなげて弾く
(ペンタトニックスケール)



横に展開したスケールをメロディアスに弾く方法を解説します。歌のようなアドリブを弾くには1つ1つの音を丁寧につなげていくことが重要です。
音がバラバラなフレーズは“ベタ足感”が強く機械的になりやすいので、音を繋げること(横に繋げること)でメロディアスにしていきます。

 
チョーキングで歌わせる
(ペンタトニックスケール)



チョーキングでさらにメロディアスに歌わせます。各コードを意識したチョーキングをベースに、1音半チョーキングや様々なチョーキング方法を解説。表現力が高いのでドラマチックにすることができます。

 
半音スライドでエロく弾く
(ペンタトニックスケール)



“エロくなる秘密のポジション”を追加して、スティービー・ワンダーやサックスプレイヤーのようなソウルフルな歌いまわしをする方法を解説します。これは手グセ必至のフレージング。

 
ペンタに1音追加する
(ペンタトニックスケール+1)



ペンタに音を追加してメジャースケールに近づけていきます。たった1音の追加でも表現の幅はかなり広がります。追加した音をメロディアスに弾くためのチョーキング+小指テクニック(音程コントロール方法)は特にオススメ!

 
さらに1音追加する
(メジャースケール)



さらに1音追加してお洒落に仕上げていきます(ここでメジャースケールになります)。このコードで使うとお洒落、このコードで使うとブルージィ、と音を理解して弾くことでフレーズの雰囲気を自在に操れます。

 
ミドルポジション
(メジャースケール)



このミドルポジションはチョーキングが使いやすく、感情をむき出しにしたフレーズを作りやすいので、アドリブの起承転結を作るのに大いに役立ちます。
 
購入する(3,980円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

このセットが含まれる
月額見放題

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • adlib-melo-tab.pdf(223.69 KB) 
  • adlib-melo-diagram.pdf(185.50 KB) 
  • adlib-melo-mp3.zip(16.08 MB) 

このセットの動画一覧

関連動画