耳コピのレシピ|山脇流コード攻略法(全59本)

教材内容の紹介

 


【弾きたいのに譜面がない…】
 「この曲弾いてみたい!」と思っても譜面がなくて断念…という経験はありませんか?弾きたい曲があって手にはギターがあるのに一緒に弾けないストレス。こんな時に大活躍するのが「耳コピ」です。耳コピができれば譜面を探す必要はありません。弾きたいと思った瞬間にギターを持ってコピーすることができます。「譜面がある曲だけ弾く」という縛りを解いてギターの楽しみを広げてくれるのが耳コピのパワーです。



【耳コピできて良かったこと】
■ギターの世界が広がった
ラジオで流れている曲、Youtubeで見るライブ動画、テレビで流れているBGMなど、「あ、この曲カッコいい」と思った曲は譜面がなくても再現できるので、世界中の曲を楽しめるのが本当に最高です。確実に世界が広がりました。



■リクエストに応えられる
友達と飲んでいる時に「あの曲歌いたいからギター弾いて!」と言われる事があるんですけど、曲を聞いたら大体弾けるので場が盛り上がります(笑)。子供から「パパこれ弾いて!」と言われた曲もすぐ弾くので、子供もテンションMAXです。



■バンドで役に立つ
バンドで曲をカバーする時にもとても役に立ちます。バンドスコアがなくても分数コードやノンダイアトニックと言った細かいところも耳コピできるので、バンドでの再現性が高くなるんですね。核となるキーとコードを理解しているのでアレンジにも繋がります。




【耳コピは知識と経験値】
知識と経験値に分けて解説していきます。と言うのも、僕が耳コピをする時は必ずこの2つを使って駆使して答え合わせをしているからです。
「知識」はルート音やトニックについての知識、ダイアトニックコードから導き出す方法など、理論に基づいた方法です。 「経験値」はたくさんのコードパターンを知ることで、どんな曲でもある程度予測をしながらコピーする方法です。実はコードパターンはそんなに多くないのでコツがわかると簡単に予想できるんです。




【知識を身に付ける】
■コードのルート音を聞き取る
コードの核となる「ルート」に少しずつ肉付けをして、どんなコードでもピタッとルート音を探せる感覚を身に付けます。声を出しながら実践していくので音感もどんどん磨かれます。



■コード進行のキーを感じる
コードの中の「着地感のあるコード」からキーの感覚を身に付けます。キーの選定は耳コピにとって最重要ポイント。キーが分かればその曲で使われているコードやスケールなど色々な情報が分かるので耳コピのスピードが一気に上がります。




■キーを確定させコードをコピーする
定番コード進行を使って実際に耳コピしていきます。キーとルートとダイアトニックコードを照らし合わせることでコードがどんどん浮き彫りになっていくのは快感(笑)。ポイントごとに指板を隠すので、耳の感覚も同時に鍛えていきます。





【経験値を上げる】
■ダイアトニックコード構成
Key=Cのメジャーダイアトニックコードを使った代表的なコード進行を18パターン紹介します。それぞれのコード進行が使われている有名曲も紹介するのでいろんな発見があると思います。




■分数コードが入ったコード進行
曲には「分数コード」と呼ばれるベース音にルートを使わないコードもあります。今回は一般的な曲でよく使われる4つの分数コードを解説します。このあたりから耳コピの精度がグッと上がっていくので楽しくなってきます。




■ノンダイアトニックが入ったコード進行
曲にエッジを効かせたり、表現力をさらに上げるノンダイアトニックコードを7つ解説します。実は耳コピの精度を上げるにはここがポイント。表現力を上げるためにあえて使っている「オイシイ音」を正確にコピーすることで、その曲の雰囲気を正確に再現できるからです。



 


「耳コピができるとバンドメンバーと“音の会話”ができるようになるのもポイントです。相手のやりたい事が分かり、それを同時に再現できるんです。これは最高に楽しい会話です」
by 山脇オサム

 


↓サイト下にレビューがあります↓
 


■コンテンツの内容
・レッスン動画 15本(3時間23分)
・特典動画 3本
・耳コピ練習トラック 41本
・関連PDF 11ページ



NEXTチャレンジはこちら!

購入する(4,980円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • mimicopy-diagram.pdf(388.98 KB) 

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる