ハッタリお洒落フレーズ編|その1(全18本)

 

 



楽器屋さんでの試奏や「ギター弾けるんだ。じゃあなんか弾いてよ!」というムチャ振りで使えるハッタリ感満載のお洒落にフレーズ集。
3種類のコードパターンそれぞれに「初級編」「中級編」「超中級編」のフレーズをご用意しています。(8小節フレーズ✕9パターン)各フレーズに「インテンポ版」と「フリーテンポ版」があるので、フレーズを2つの角度から楽しむことができます。


【コード進行A】
|C△7|C△7|Am7|Am7|
|Dm7|Dm7|G7|G7|

<初級編>
M7thとブルーノートをスライドでほのかに匂わせ、経過音を使ってのクロマチックフレーズでオシャレ感を演出。フリーテンポ版では一瞬のスライドを効果的に使ってエロさを出します。

<中級編>
スライドや経過音のオシャレ感に加えてブルースフィーリングも合わせ持ったフレーズ。リズムの立った素早いプリングが奏法のポイント!フリーテンポ版では♭5特有の怪しさも強調させています。

<超中級編>
ポジションを上昇しながらクロマチックとディミニッシュフレーズを使ってオシャレ感を炸裂させます。♭5を使ったマイナーペンタ系フレーズはスピーディかつブルージィ!フリーテンポ版ではミニスウィープを使ってハッタリをかまします。




【コード進行B】
|FM7|FM7|Fm7|Fm7|
|Em7|A7|Dm7|G7|

<初級編>
コードに装飾をするようにフレーズを組み込んで弾きます。スケールもディミニッシュ系などを使って「シンプルなフレーズなんだけどオシャレ」という雰囲気を作ります。フリーテンポ版では横揺らしビブラートでハッタリをかまします。

<中級編>
山脇オサムの大好きな半音スライドでフレーズにキレを出しつつミニスウィープでさらにオシャレ感を出します。ジャジィなスケールを使うことでグッと大人の雰囲気も。フリーテンポ版ではチョップ奏法を入れてパンチを効かせます。

<超中級編>
効果音的に使えるスウィープと16分の速いフレーズでフレーズをピカピカに磨き上げます。シャッフルリズムにイーブンを入れることでリズムでも魅せることができます。フリーテンポ版ではニュアンスについて解説しています。




【コード進行C】
|CM7|CM7|FM7|FM7|
|CM7|CM7|FM7|FM7|

<初級編>
オシャレなM7thをガンガン強調して大人の雰囲気を醸し出しています。また、スライドを使うことでフレーズにシャクリができ、オシャレ感が一層上がります。フリーテンポ版では素早いハンマリングとプリングでキレを出しています。

<中級編>
和音にオシャレな音を含ませて、さらにスライドで強調することでジャジィかつ肉厚なフレーズを作ります。フリーテンポ版ではスピードをコントロールしてさらにエロく弾く方法を解説しています。

<超中級編>
経過音を使ったクロマチックフレーズを3つ連続で使うことでオシャレ感を一気に高めます。フリーテンポ版では、エコノミーピッキングとプリングを使ってスピーディなフレーズを弾く方法を解説しています。



■特典動画1
「もりのくまさん」をアレンジしてみる〜その1〜
作曲家の小林フミトモ氏とともに童謡「もりのくまさん」アレンジしてみました。
・パワーコードや3度ハモリでコールドプレイ風にアレンジ

■特典動画2
「もりのくまさん」をアレンジしてみる〜その2〜
・リフを作ってファンキーにアレンジ

 


■購入者レビュー
「マイクテストで弾いています」
池永裕さん

オシャレなフレーズ満載です。ちゃんとこのコードでこの音がなんでオシャレに聞こえるのかも解説してくれているので、頑張れば応用できます。私はライブのとき、マイクテストのときに何気なくこれを弾きます。おっ、という顔のお客さんがいつもいるので快感です。

「ちゃんと実力が上達する」
李俊英さん

他の方々にも人気教材であるのが頷ける内容です。ハッタリと書いてありますが、良い意味で全然そんな事ありませんでした笑。ちゃんと実力が上達します

「結構なレベルの練習になります」
m.sasakiさん

ハッタリと言いますが、結構なレベルの練習になります。実際とあるきっかけでギターを弾く機会があったのですが、導入のちょっとしたフレーズをやったら「へー結構弾けるんじゃないですかー」っていわれました。まだまだ下手な私ですが、こう言うところからますます練習しようって気になるのだと思います。まさに山脇流ハッタリにはまってしまった一人です。

「とにかくフレーズがカッコいい」
Amazon カスタマー

「なんか弾いてよ」と振られたときや、楽器店で試奏する時用のフレーズ集として作られたものですが、とにかくフレーズがカッコいい。覚えたくなります。8小節のパターンで3種類のコード進行があり、それぞれ3パターン(難易度が3種類)。それがインテンポとヒリーテンポとあるので、つまり18パターン楽しめます。同じコード進行で3種類のフレーズがあるので、メロディーの崩し方とか、アドリブのときの勉強にもなります。フレーズの中で、スウィーブなどの小技が隠れていて、そこの弾き方もちゃんと教えてくれてあるので、相当楽しめます。私のようなギターオタク病にかかってる人は一度やってみると良いと思います。

「ハッタリという名前ですが…」
Tomoo Yamauchiさん

中身はガチです。全部インテンポでしっかり弾けるようになれば、技術レベルが完全に1段階上がります。「結構長いことギター弾いてるけどイマイチ伸び悩んでるし、今さら練習もかったるいし…」くらいの人が取り組むととっても効果的な教材だと思います。ちょっとだけ理論もわかると、もっともっと効果的で楽しい教材です。完全な初心者にはおすすめしません。そして講師の山脇氏、ギター持って一緒に飲んだら楽しいだろうなぁと思います(笑)
 

【コンテンツ内容】
動画:18本
レッスン時間:1時間37分
タブ譜:9ページ
 


ログインせずに購入する

PayPalで決済すると、ログインせずに購入・視聴できます。決済完了と同時にご記入のメールアドレスに専用の教材ファイルをお送りしますので、直接レッスンサイトへアクセスしてください。当会員サイトからそのまま視聴する場合はログインして購入してください。


※教材メールが届かない場合はこちら
 



 

NEXTチャレンジはこちら

購入する(2,480円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

このセットが含まれる
月額見放題

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • hattari-oshare1-tab.pdf(344.21 KB) 

このセットの動画一覧

レビュー

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる

関連動画