Chair on the sea|チェアー・オン・ザ・シー(全17本)

 
 

お洒落なリードフレーズ、そのリードフレーズを更に引き立てるバッキング奏法に加え、その曲を象徴するおいしいコードポイントでのアドリブ解説、という3種類のレッスン内容となります。

リードはオクターブ奏法を使ったメロディックな旋律やお洒落でブルージィなフレーズが満載、バッキングはリズムを安定させるダウンストローク技術、リードを活かすアルペジオ、6.9thを使ったお洒落コードとアダルティな内容が満載です。

アドリブ解説は、最初から最後までアドリブで弾くのではなく、曲のおいしいポイントだけを狙ったアドリブ方法を解説します。曲の9割は決められたフレーズを弾いて、あるポイントだけ自分流のアドリブを弾く。手軽だけど実践的なアドリブをお楽しみ下さい。


【リード解説1】
オクターブ奏法、人間臭くなるフレーズダイナミクス、大きく横移動する時の親指の使い方を解説。オクターブ奏法はダウンストローク重視で弾くとサウンドが安定してきます。

【リード解説2】
チョーキングの基礎とニュアンス、ブルージィなm3rdの使い方、サビ前のダイナミクスコントロールを解説。オクターブ奏法と普通のフレーズが交互に来る場合は「グリップの切り返し」が重要なポイントになります。

【バッキング解説】
ロックグリップでのコードの押さえ方、オブリガート、ブリッジ近くで弾いてサウンドを変える方法を解説します。

【アドリブ解説1】
アドリブを曲に自然に溶け込ます方法、コードトーンを意識するアドリブ方法を解説。アドリブを「単体」ではなく「歌メロありき」として捉えることが重要です。

【アドリブ解説2】
ドミナント7thをブルージィに弾く方法、チョーキングを多用したアドリブを解説。ミクソリディアンの使い方が分かるとポップな曲でも一気にブルージィにできるのでとても楽しいですね。

【アドリブ解説3】
マイナーペンタを使ったブルージィなアドリブを解説。チョーキングとマイナー3rdの使い方が最重要ポイントです。7thコードが来たらついついマイナーペンタを弾いてしまう…これはギタリストあるあるですね。笑

【アドリブ解説4】
サブドミナントマイナーで使えるドミナントスケールのアドリブを解説。曲をドラマチックにしているFmの中で「一番オイシイ音」をアドリブに入れることで、フレーズもどんどんドラマチックになっていきます。サブドミナントマイナーは本当にカッコいい!

【特典】1.2弦だけでアドリブしてみる1
作曲家の小林フミトモ氏と面白アドリブ技をご紹介!
・連続スライドでペンタをつなぐ
・1弦開放弦を使う
・2弦開放弦を使う

【特典】1.2弦だけでアドリブしてみる2
作曲家の小林フミトモ氏と面白アドリブ技をご紹介!
・タッピングを使う
・異弦同音トーンを使う
・布袋風ペンタ術
・中国風和音フレーズ
 


【コンテンツ内容】
動画:17本
レッスン時間:1時間51分
タブ譜/ダイアグラム:10ページ
 


ログインせずに購入する

PayPalで決済すると、ログインせずに購入・視聴できます。決済完了と同時にご記入のメールアドレスに専用の教材ファイルをお送りしますので、直接レッスンサイトへアクセスしてください。当会員サイトからそのまま視聴する場合はログインして購入してください。


※教材メールが届かない場合はこちら


 


NEXTチャレンジはこちら!

購入する(2,980円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • cos-laed-tab.pdf(122.45 KB) 
  • cos-backing-tab.pdf(115.42 KB) 
  • cos-adlib-tab.pdf(682.39 KB) 
  • cos-adlib-diagram.pdf(291.99 KB) 

このセットの動画一覧

レビュー

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる

関連動画