コードのレシピ|上巻(★コードマスターコース)(全12本)

■カリキュラム(1時間45分)
【1/7】はじめに ★無料
【2/7】そもそもコードとは? ★無料
【3/7】仕組みがよく分かる中身の解説
【4/7】ダイアトニックコードとは?
【5/7】ボイシングを使ったコードアレンジ
【6/7】実践的なボイシングテクニック
【7/7】まとめ
【特典】質問に答えてみた1
【特典】質問に答えてみた2

【練習トラック】C|Am|Dm|G
【練習トラック】C|Em|F|G
【練習トラック】F|Em|Dm|C
 

コードのレシピは「理論を知ってコードをお洒落にアレンジする」ための教材です。中巻・下巻をスムーズに身につけるためにもこの上巻がとても重要です。
 
こんな演奏ができます
 
 

やはり基本が重要



なぜ上巻が重要なのかと言うと、コードのアレンジには絶対に理論が必要だからです。例えばコードにテンションを付けるとき、コードだけを見るとダメなんです。そのコードが「曲にとって何番手でどういう役割なのか?」でテンションが違うからです。

となると「テンションってなに?」という事になり、「そもそも3和音ってなに?」という基本的な理解が必要になるんです。基本的なコード理論を解説しているこの上巻がとても重要なんです。
 
8割はバッキング



「コード演奏がいつも単調…」というギタリストはとても多いと思います。ギターと言えば華やかなのがソロ。どうしてもコードが疎かになってしまうんですね。(ギタリストあるある)

でも実際のギター演奏は8割がコードバッキングです。その8割を締めるコードがいつも単調…なんてとてももったいないですよね。コードのアレンジができればその8割を今まで以上に楽しめます。どれだけ楽しめるかが想像できると思います。
 
理屈がわかれば楽しい



「でもコードのアレンジって難しいんでしょ?」実はそうでもないんです。いや、実際に弾くためにはもちろん練習がいるのですが、理屈さえ分かればかなりスッキリ弾けるんです。

さらにギターならではの利点があります。Keyを変えるときは、コードをそのまま横移動すればOKなんです。ピアノでもサックスでもKeyが変われば押さえ方が変わります。本来ここが難しいのですがギターでは問題ないんですね。

なので運指的な難しさってそんなにないんです。「いかに中身を理解するか」が重要なんです。
 
コードの仕組み



コードの仕組みを理論を踏まえて分かりやすく解説します。「なぜそのコードが出来上がっているのか?」が理解できるとコードに対する苦手意識がなくなります。
 
ダイアトニックコード



ダイアトニックコードはアレンジにとても重要な要素。アレンジのルールブックです。ここが分からないとコードをたくさん知っていてもアレンジはできません。

 
ボイシングでアレンジ



コード構成音の配列を変えてコードをアレンジしていきます。安定感・お洒落さ・明暗をボイシングでコントロールします。
 
購入する(3,480円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

このセットが含まれる
月額見放題

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • chord1-diagram.pdf(1.51 MB) 
  • chord1-mp3.zip(8.50 MB) 

タグ

このセットの動画一覧

関連動画