アドリブのレシピ|メジャーブルースを攻略する(全56本)

 




⇒ログインせずに購入する

演奏ビフォーアフター

 

【アドリブにはルールがある】
「アドリブはスケールを自由に弾けばいい!」と言われたけど、カッコいいフレーズが作れないし微妙に音が外れる…という経験はありませんか?
実はアドリブには一種のルールがあります。 そのルールを知らないとスケールを弾いたとしても安定したアドリブを弾くことはできません。
食材を買っても料理方法を知らないとおいしく食べられないのと同じで、スケールにも料理方法が必要なんです。 この教材では、その料理方法にフォーカスして今までにない切り口からアドリブを解説していきます。



【新鮮さと楽しさが再燃】 
ペンタを使ったフレーズ暗記型のアドリブ方法とは違い、 弦とフレットを限定して少しずつスケールの使い方を身に付けて、1からフレーズを作るアドリブ方法です。 ペンタも一切使わず、ミクソリディアンスケールを使います。アドリブ方法と使うスケールの違いから「アドリブの新鮮さと楽しさが再燃した!」という感想がとても多いのが大きな特徴です。



【一般のアドリブ方法との違い】
■一般的なアドリブ⇒フレーズのみを紹介
■当教材⇒音の使い方を解説

スケール内の「音の使い方」を解説します。料理で言うと「どうすればあの味が出せるのか」というレシピの解説。レシピを理解することで応用の効いたアドリブができます。



■一般的なアドリブ⇒スケールを自由に弾く
■当教材⇒アドリブにルールを設置
自由だからこそ難しいアドリブに6つのルールを設置。ルールがあるからこそ具体的に何をどうすれば良いのかが分かり、なんとなくではなく明確なアドリブができます。



■一般的なアドリブ⇒ペンタを使用
■当教材⇒ミクソリディアンを使用

7thコードのメジャーブルースにとても相性の良いミクソリディアンスケールを使います。ブルージィでお洒落でコード感のあるアドリブになるのが特徴。雰囲気も明るいです。



【これが6つのアドリブ術】
■コードに合わせたアドリブ
コードと相性抜群な音を、それぞれどんな音なのか、どのように使えば良いのか、そして相性の悪い音を使うとどうなるのかを解説します。「スケールを弾いてるのに音が外れる」という謎を解決します。



■ブルージィな泥臭さを出す
ブルージィな雰囲気を出す音のポジションと、その効果的な使い方を解説します。優等生的なアドリブがぐっと泥臭いブルースサウンドになっていきます。



■ブルース力を爆発させる
ブルースにとってとても重要な3度の使い方を、ステップ1と2に分けて解説します。ステップ2では3度の次に弾くと最も効果的でブルージィな音について解説。ここからブルース力は一気に上がります。



■コードに合ったチョーキング
チョーキングはいろんな場所で使えるエレキならではの奏法ですが、合わない音を連発すると悲惨なアドリブになってしまいます。じっくり聞かせる安定したチョーキングを解説します。



■和音で表現力を上げる
ギターのように複数の音を同時に出せる楽器の大きな武器である和音。ステップ1と2に分けて、スケール内のどの音を組み合わせればブルージィな響きになるのかを解説します。



■経過音でジャジィに弾く
スケール外の音を経過音として効果的に使う方法を解説します。経過音を使うことで理論を必要とすることなく、ジャジィなフレーズを作ることができます。



【さらに磨き上げる応用編】
■コードチェンジに対応する方法
ブルースに限らず全てのジャンルに対応できる「音を外さない演奏上の意識とテクニック」を解説します。この意識を持つだけでアドリブのレベルはかなり上がります。

■7thの注意点
セッションで7thを使う時の注意点を解説します。これを知らないと「音は合ってるのになぜか不協和音なアドリブ」という謎のサウンドを連発してしまうかもしれません。

■3度をさらにブルージィ
エレキならではのテクニックを使って、3度の音にさらに磨きをかけていきます。誰が聞いてもブルースだと言うほど、ブルージィでインパクトのある音の使い方です。

■チョーキング+1音
チョーキング時にもう1音足す、というフレージングを解説します。カントリーにも通じるテクニックで、フレーズに派手さが加わってアドリブの引き出しが増えます。

■和音のトップノート移動
和音でフレーズを作る「トップノート移動」を解説します。コード感があるので、1人でもブルース演奏を成立させることができます。

■ジャジィなトーンとリズム
ジャジィな雰囲気をさらに出すための「トーン」と「リズム」のテクニックを解説します。ジャズ風の練習用音源も用意しています。



【さらにさらに磨き上げる実践編】
■歌ったフレーズにする
アドリブの味付けに一番効果的な方法を解説します。音数が少ないアドリブでも感動的で歌心のあるアドリブにすることができます。

■表現力のテクニック
単調なフレーズが人間臭く変わるテクニックです。プロはこのテクニックに長けているからこそ、いつでも表現力のあるアドリブを弾くことができます。

■フレーズにキレを出す
アドリブは音を「引く」こともとても重要です。音を引くことでリズムのキレが出て、同時にミスを減らすことにも繋がります。

■根本的なサウンドメイク
プロが出すサウンドはいつも良い音がする…でもそれは機材の力だけではありません。もっと根本的なところでサウンドを作っています。

■疑似セッション
ブレイクやダイナミクスが変化した4つのパターンを使って山脇オサムと擬似セッション!セッションで使えるテクニックも発見できます。

■ローポジからハイポジまで
コードシェイプを軸にいろんなポジションで弾く方法です。基本の3パターンを色で覚えておけばすぐに実践できます。


■特典動画
スタンドバイミーをブルージィに弾く
ポップなコード展開の「スタンドバイミー」をミクソリディアンスケールを使ってブルージィに弾く方法を解説。インパクトが強いので、ちょっとしたフックとしてセッションでも大活躍するテクニックです。


 


【購入者の感想】
「今までのモヤモヤが晴れた」
(ひろ様 40代 愛知県)
他の教則本では全理解できなかった、コードに対する音の使い方等しっかり丁寧に解説されています。今までのモヤモヤが、一気に晴れました!

「ワクワク感の再来」
(犬ドッグ様 30代 富山県)
ギターご無沙汰歴丸10年という私に、中学生の時に感じていたであろう、ワクワク感の再来です。「たかがギター されどギター」いつか山脇先生と同じステージに立つことを夢見て。

「初心者でも分かりやすい」
(シンタ様 30代 愛知県)
アドリブの法則みたいなものをわかりやすく、かつ丁寧に実践、説明されているのでブルース初心者の僕でも無茶苦茶わかりやすいです。

「自分で考えてアレンジできる」
(こうちゃんマック様 40代 福岡県)
今までのアトリブは、覚えているフレーズをいくつかつないで弾くという感じでごまかしていました。今回アトリブのレシピに出会い、いままでの練習とは違う、自分で考えてアレンジできる本当のアトリブが弾けそうです。もっと早くこの教材に出会いたかったです。

「目からウロコ!」
(ちびりん様 40代 大阪府)
ある程度のアドリブが弾ける程度の私でしたが、引き出しを増やすことが出来ました。「こんな簡単で有効なフレーズがあったんだ!」と目からウロコ!非常に役立ちました。ありがとうございます。

「上達を実感できる」
(イサシオル様 40代 鹿児島県)
色んな教本を買ってアドリブを練習しましたが中途半端で止めてしまっていました。しかしこの「アドリブのレシビ」はすごくわかりやすくて自分が上達しているのを実感できる!上達しているような錯覚かもしれませんが、それを感じさせてくれるので何より練習が楽しい。

「もう目から鱗の連続」
(sho_at様 40代 京都府)
もう一度基礎から始めようと思っていたところに出会ったのがこのレシピでした。もう目から鱗の連続で、レシピを進めるのがすごく楽しいです。徹底的に弾きまくります!

「音数が少なくてもOK」
(マユポン様 50代 兵庫県)
アドリブは速弾きというイメージがあったのですが、このレシピを手に入れてから音の数が少なくても十分カッコいいアドリブができることがよくわかりました。私などの初心者は無理に速弾きをするよりすばらしいアドリブができるようになると思います。

「久しぶりに真剣に」
(shoreken様 50代 長崎県)
久しぶりにスケールとコードを真剣に見ています。コピーだけの日常でしたが、レシピでコード・スケールの裏づけが理解出来てきました。考えて弾けるよう、練習に励めるシステムです。

「正直レベルが変わります」
(kiminaka様 40代 大阪府)
実際にやってみた感想ですが、今まで意識してこなかったコードトーンを自然と意識できるようになって、フレーズの流れが違和感なく弾けるようになったことは、大きな進歩だと感じてます。正直、レベルが変わります。

「かなり腕が上がる」
(慶様 40代 北海道)
マンネリ化していた自分のアドリブが山脇さんのとてもわかりやすい説明でかなり良くなったことを実感しています。見るだけで即上達するといった感覚を持っている方もいるでしょうが、この動画はしっかりギターを抱え、アンプから音を出して実際弾きながら、をおすすめします。かなり腕が上がります。

「画期的な教材」
(長野様 50代 大阪府)
まさに画期的な教材です。丸覚えではなくて、アドリブの作り方をここまで解りやすく理論的に説明している教材は今までなかったと思います。しかも難しい音楽理論は無し。もっと早く出逢いたかったです。

「一歩前に踏め出せる」
(高木レニン征二様 50代 神奈川県)
初心者から中級、上級者までとにかく勉強になります。バッキングに合わせてアドリブをして自己満足の世界にけっこう浸っています。とにかく一歩前に踏み出すきっかけになること間違いありません。すばらしい教材ありがとうございます。

「冗談抜きで役に立つ」
(かねきゅう様 30代 東京都)
家で一人で弾いているので、コード進行のオケがあるのが助かります。理論なんてほとんど分かっていない私でも違和感のないソロを弾けるようになってきました。こんなに直接的な教則は初めてです。冗談抜きで役に立つ教材です。

「疑問が氷解する教材」
(tac様 50代 福岡県)
クラプトンのように弾きたい…しかしいくらスケールを練習したり教本を買ったりコピーしてもあの典型的なフレーズは弾けてもアドリブはできない…。あの見事なまでのアドリブの法則はなんなんだ??と言う疑問が氷解する教材でした。

「こんな教材が欲しかった」
(タクタク様 40代 愛知県)
今までわからなかったスケールの使い方が非常にわかりやすく解説してありアドリブの弾き方がだんだんわかるようになってきました。こんな教材がほしかったです。

「疑問がいっきに解決した」
(skip様 40代 鹿児島県)
具体的なアドリブの弾き方が、この音をこの時に使えばいいなど、具体的に示されている。これまでの疑問がいっきに解決した。

「安定したアドリブになった」
(まっす様 40代 静岡県)
これまでアドリブというと、ペンタトニックで音数を増やしてのゴマカシ、といった感じでしたが、少ない音数で安定したアドリブを弾けるようになりました。

「上達したと思わせてくれる」
(HIDEKI様 40代 初心者)
こんなに簡単に、しかも短期間でアドリブができるとは思いませんでした。基本的な理論だけでなく動画の中で先生が解説しているちょっとしたキーワードがものすごく参考になりました。「ギターがすぐに上手くなったと思わせてくれる」そんな教材です。

「大変満足しています」
(IKUO様 50代 中級者)
これまで指癖ワンパターンでネタ切れのまま終わっていたアドリブが落ち着いて聞けるフレーズになりました。一番嬉しかったことは、ワンパターンだったアドリブが、ひと味違ったオリジナルのフレーズを展開できるようになったことです。大変満足しています!

「進むのが楽しい」
(新也様 20代 中級者)
1つのテクニックをこなすだけでも十分ソロが楽しめるので進む度にどんどん楽しくなっていきます。僕自身6つ目のテクニックを取り入れる事で今までにないアイデアでソロが弾けるようになりました!ブルース感が出ないという悩みの解決にもなりました。
 

↓サイト下にもレビューがあります↓
 



「僕が人生ではじめて作った教材で、制作に半年間もかかったとても思い入れの強い教材です。ブルースなのにペンタを使わないという斬新さもあり、とても好評をいただいています。アドリブにはルールがある!自身を持ってオススメします」
by 山脇オサム

 


【コンテンツ内容】
レッスン動画:56本
収録時間:3時間45分
タブ譜/ダイアグラム:29ページ


ログインせずに購入する

PayPalで決済すると、ログインせずに購入・視聴できます。決済完了と同時にご記入のメールアドレスに専用の教材ファイルをお送りしますので、直接レッスンサイトへアクセスしてください。当会員サイトからそのまま視聴する場合はログインして購入してください。


※教材メールが届かない場合はこちら



 

NEXTチャレンジはこちら

購入する(9,800円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

関連ファイルダウンロード

※タブ譜やダイアグラムなどの関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • adlib-blues.pdf(4.13 MB) 

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる